さいたま市浦和の女性司法書士事務所

お問い合わせお問い合わせフォーム

成年後見

白駒ひとみ事務所の特長

毎月訪問いたします

被後見人さまの様子をお伺いするために、毎月お伺いしております。

後見人は、財産をすべてお預かりするという重要な立場です。だからこそ、依頼を引き受ける時だけ顔を合わせて、あとは放ったらかしということはしたくありません。

被後見人さまやそのご家族さまに安心していただくためにも、毎月必ず、ご自宅や入所されている施設などに訪問し、ご本人さまやご家族の方とお話をさせていただいております。

リーガルサポートに所属しています

後見人は被後見人さまの大切な財産をお預かりし、財産管理を行います。「公益社団法人 成年後見センター・リーガルサポート」は、後見人の財産管理が適切に行われているか、被後見人さまの生活において後見人としての役割がはたせているか等、後見人に対して指導・監督をする機関です。また、リーガルサポート所属の後見人として活動するための研修制度が設けられており、2年に1度の更新が義務付けられています。

当事務所も「公益社団法人 成年後見センター・リーガルサポート」に所属しております。第三者機関の監督・指導や定期的な研修を受けることにより、より良いサービスが提供できるように努めてまいります。

相続サポートもいたします

事前に相続についてできることをしておきたい、という方も多くいらっしゃいますので、そういった方には遺言書の作成や生前贈与などについてサポートしております。

また、被後見人さまが亡くなった後の相続手続きについてもサポートいたします。相続は一生に一度あるかどうかのことなので、不安になることや分からないことも多いと思います。当事務所では、相続業務を多く取り扱っているため、安心してお任せいただけます。

成年後見について

このような方は成年後見制度を利用できます

老後のひとり暮らし、将来の財産管理の支援してもらいたい

今は元気でも、将来どうなるか分からない。その場合の財産管理をどうしたら良いか、不安に思われている方も多いと思います。

例えば、突然病気になって入院することになった場合、入院の手続きや入院費用の支払いも困難となります。また、認知症になって介護施設へ入居する際、残った不動産を売却したくても、認知症の進行具合によっては売却契約ができない場合もあります。

特に、ひとり暮らしで近隣に親族がいない方は、将来に備えて成年後見制度の利用をご検討ください。

遠方に住んでいる親が悪徳商法に狙われないか不安

親は大丈夫だと言ってはいるが、遠方に住んでいて様子をなかなか見に行けないため、自分が知らないところで高額な商品を買わされていないか不安……という方は、ぜひご相談ください。

成年後見には様々な制度がありますが、制度によっては、後見人の許可がないと契約ができなかったり、後見人の申し立てによって返金できたりします。もちろん、契約を結ぶ前に直接ご相談いただき、一緒に内容を確認したりアドバイスをすることも可能です。

認知症の親名義の不動産を売却して、介護費用に充てたい

親が認知症になり介護施設へ預ける場合、その費用のために親が住んでいた不動産を売却する……というケースはよくあります。しかし、親の名義になっていると、例え子であっても勝手に売却することはできません。

成年後見制度を使えば、後見人が代理人として不動産売却の手続きを進めることができます。

成年後見制度の種類

任意後見制度

今は元気だが、将来、判断能力が不十分になった時に備えておくための制度です。現在の判断能力に不安があればすぐに支援を受けることもできますし、将来に備えて契約だけしておくということもできます。

法定後見制度

すでに、判断能力が不十分な人に代わって、法律行為をしたり、被害にあった契約を取消したりする制度です。すでに判断能力が不十分になっているので、任意後見契約のように契約によって依頼できません。家庭裁判所によって後見人を定め、支援を開始します。

当事務所では、ご相談のみの場合、1時間につき5,000円を相談料として頂戴しております。但し、ご相談後、その場でご契約をいただいた場合は、相談料は不要です。また、出張相談の場合、出張料はいただいておりませんが、交通費を実費として頂戴いたします。

ページトップへ戻る